リフォーム場所    リフォーム内容
3   トイレ     男性用と共同トイレをひとつにし、室内空間を拡大

こちらも男性用と共同が別々のお宅でした。
トイレの室内がタイルなので、滑りやすく、また入り口に段差があり室内全部をリフォームする事になりました。

男性用の便器を無くし、便器の位置と向きを変えて、室内の確保と可動ラインの確保により入りやすくなりました。
トイレとトイレの外に、つながる様な手すりを設置し、より、転倒しにくいようにしました。